ここから本文開始

2013年01月24日

ヤフーと渋谷区共催のソーシャル防災訓練あるそうです!

ハーモニー・アイの馬塲です。

先ほど、しったのですがYahooと渋谷区共催での、ソーシャル防災訓練があるそうです!
ぜひ障がいのあるかたや、シニアでもスマホ、タブレットを使っている方は
参加してみたらいかがでしょうか?

災害時には、みんな同じように困る事が多いはずです。
みんなが助かるノウハウ蓄積のためにも、充実した防災訓練になればと思います!!

2月6日開催
http://emg.yahoo.co.jp/kunren/2nd/#tweet
posted by npoharmonyi at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報

2013年01月17日

iPadを見えにくい人へ教えるサポーターを養成します!!

ハーモニー・アイの代表の馬塲(ばば)です。
本当に、ここのところシニアにダブレット端末は大ブームをひきおこしていますね!私も、スマホ・タブレットを思いっきり活用しています。

実は、iPadにはとても便利な機能が最初から備わっているのをご存知でしたか?
だれもが使えるようにする為の機能「アクセシビリティ」という設定です。
ハーモニー・アイでは、早くからその機能の使い方を研究し、目が見えにくい人たちと共に、有効活用をしていくノウハウを蓄積してきました。そのノウハウを学んでいただき、見えいにくい方々へのiPadサポーターを育成していく講座を開催しています。
ぜひ、新しい発見ができる有意義な講座ですので、ご参加ください。


あなたも、見えにくくて困っている人々の不便を解決するiPad活用の新しいスキルを身につけてみませんか!!「ロービジョン向けiPadサポーター初級養成講座」開催のお知らせ



概要
NPO法人ハーモニー・アイでは、見えにくく困っている方の生活の質を向上させるための、iPadのアクセシビリティ設定やサポートをする方法を学ぶ初級養成活用あなたの身近な家族や親戚、知人の中に見えにくく困ってる方はいませんか?

日本眼科医会の調査(平成21年)によると、国内のロービジョン人口は約149万9千人で、福井県の人口の2倍とほぼ同じくらいの人数とされています。また、社会の高齢化により、視覚障害者数は2030年には200万人に達すると推定しています。

年々増えていくロービジョンの人々がインターネットや関連機器を使いこなし、QOLを向上していくことは、社会にとっても大きなメリットとなり、その支援の必要性も益々高まっています。

ハーモニー・アイでは、こうしたニーズに応えて、ロービジョン(弱視者)の方々へiPadの使い方をサポーターしていただく人材の養成講座を開催します。
新しい形の社会貢献プログラムとしてご好評をいただいている、非常に人気の高い講座です。

あなたも、ロービジョン(弱視者)の方に "iPad" を教えるサポーターになってみませんか!

※参考1:ロービジョンとは?
メガネやコンタクトレンズを使用しても、視力が0.3以下のことで、ぼやけたり、明るい色を眩しく感じたり、見える範囲が狭いなどの様々な症状があります。

参考2:iPadをどんなふうに使うの?
例えばあるロービジョンの方は、これまで本を読む時には机に向かい拡大読書機やパソコンを使用していたので、仕事をしているような気持ちだったけど、iPadを手にしてからは、寝転んで電子書籍を読むことができるようになったのでとても嬉しいと話されていました。

※参考文献
ロービジョンついて詳しくお知りになりたい方は、日本眼科医会のページなどを参照ください。
http://www.gankaikai.or.jp/info/20091115_socialcost.pdf


講座概要

日時 : 2013年 1月 27日(日曜日)13時30分〜16時30分
受付け 13時10分頃より開始
場所 :ちよだプラットフォームスクウェア(5階会議室)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21
定員 : 15名 (定員になり次第締め切りとさせていただきます)


詳しくは:
http://www.harmony-i.org/lowvision/activity/supporter/entry_48.html
posted by npoharmonyi at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad