ここから本文開始

2011年02月02日

金融庁が障害者の方の銀行利用について意見を求めています!

金融庁が、障害者の金融機関利用に関する意見募集しています。

ぜひ、このチャンスに普段の利用で困ったことがある方は、意見を届けたら
いかがでしょうか?

以前、当会でもいくつかの銀行へ視覚障害者自身で電話調査をして
いただき、代筆対応などについて調べたことがあり、あまりにも
それぞれの銀行が、バラバラな対応なのでびっくりした経験があります。
また、ウェブサイトなどでもアクセシビリティが配慮されていない場合も
あるかと思います。

こういった動きは、とても歓迎すべき動きかと思います。
ということで、早速Blogへ紹介させていただきました。

詳細は以下のURLをご覧ください。
URL: http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20101228-3.html

----------抜粋----------
金融庁は、「主要行等向けの総合的な監督指針」及び「中小・地域金融機関
向けの総合的な監督指針」の一部改正案を取りまとめ、意見を募集している。
内容は下記のとおり。
(1)総論
ア.金融機関は、障害者等の金融取引の利便性を向上させるよう努めている
か。
イ.金融機関は、国などにおける障害者支援に係る施策を確認し、必要に応
じて、自らのサービスにおいても利用するなどしているか。
ウ.障害者等から、金融機関に対し意見等があった場合、それらの意見を踏
まえるよう努めているか。また、完全に踏まえられない場合、代替策を検討
するなどしているか。

(2)業務運営態勢等
ア.自筆が困難な障害者等に対し、金融機関の職員が代筆する態勢を整備し、
十分な対応をしているか。
イ.視覚に障害がある者に対し、代読する態勢を整備しているか。
ウ.障害者手帳を本人確認のために利用する場合、個人情報保護のための態
勢を整備しているか。
エ.障害者等に配慮した取組みについて、適切な情報発信を行っているか。
オ.障害者等から、自立した日常生活及び社会生活を確保することに係る相
談苦情があった場合、その改善に向けた検討を行っているか。
カ.障害者等に配慮した取組みのため整備した態勢の実効性を確保するため
に、職員に対する研修等を行っているか。

(3)店舗・設備等
ア.金融機関の店舗や設備が利用されやすい仕様となるように配慮している
か。
イ.個々の営業店でも、必要に応じて、障害者等の金融取引の利便性を向上
させるよう努めているか。
ウ.特に、視覚障害者への対応のために、視覚障害対応ATMや、必要な誘導用
ブロック、音声誘導システムなどの設置に努めているか。

この案について、2月3日17時まで、郵便、Fax、ホームページにて意見を
受付ける。
「主要行等向けの総合的な監督指針」一部改正(案)については金融庁監督局
銀行第一課(Fax:03-3506-6141)、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督
指針」一部改正(案)については金融庁監督局銀行第二課(Fax:03-3506-6174)。
郵便の場合は〒100-8967東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館。
問い合わせは、金融庁(電話:03-3506-6000)まで。
URL: http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20101228-3.html
posted by npoharmonyi at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセシビリティ全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43148336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。