ここから本文開始

2011年02月18日

Googl翻訳とiphone連携でのこんな使い方?!

iPhoneを買って、1年半くらいになりますが、本当に便利で手放せません。いままでにない製品って感じです。

私自身がそう感じたこともあり、ソフトバンクモバイルさんにご協力いただき、渋谷USTREAMスタジオから、目が見えにくい人、見えない人がiPhoneとipadを使ってみてどうなのよ!を検証してみる番組も配信しました。

録画が以下のURLで見れますので、関心のある方は、ぜひご覧下さい。
http://www.ustream.tv/recorded/12277703

今回、だれもが使えるウェブコンクール(当会ハーモニー・アイが主体になってプロジェクトとして実施してる取り組み)
の実行委員メンバーに、聴覚障害者のデザイナーの方が偶然に参画してくださいました。
とても、嬉しい限りです。

そんな彼を挟んで、先日メインメンバーとの会議をした際には、Skypeチャットで会議をしました。
また、ブギーボードとかいう、キングジムさんからだしている電子メモパッドも併用し使いました。
この商品は、別に福祉用品ではないです。普通の会社員などが、日常便利に使っているようで、かなり売れているらしいのです。見た目も手軽でおしゃれだしね!価格も4,980円だから、まあ〜購入できるしということで。

こんな感じで、最近は福祉用品と特別な製品を求めなくても、工夫次第で一般に出回ってるものを使えることが多い気がしています。特にコミュケーションをとるものに関しては、変化が起こっているのを感じます。

昨晩、たまたま”Google翻訳”のアプリをiphoneにインストールしてみました。何気に楽しいので馬鹿みたいに遊んでしました。その中で気がついたんですが、もしやしてこれって、目の見えない人と、耳の聞こえない人のコミニケーションにも一役かうのでは?と思いました。

点字が互いにできれば、指点字もありだけど、それはまず確率的に少ない。チャットも片方が音声で変換するソフトでPC並べながらとなると、手軽ではないですよね。

iphoneであれば、手軽に持ち運びできるので、ちょっとした食事会のシーンのようなコミュケーションなら気軽でいつでも使えるな!と。日本語→日本語にセットして翻訳すると、音声もあり、弱視の方なら拡大あり、聴覚の方へは画面みせればOK。

ぜひ、今度試してみようかと思います。

また、このBlogを見ていて、こんなアプリも聴覚に障害がある人や視覚障害のある人のコミュケーションや生活に、こんなに便利だよ!っていうのがあれば、コメントお願いします。
posted by npoharmonyi at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセシビリティ全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43477989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。