ここから本文開始

2011年03月07日

銀行の障害者への対応が変更になるよです。(金融庁の監督指針の変更)

前回、このblogでも取り上げましたが、自力で文字が読めない書けない障害者の方々の、銀行の対応について、先日まで金融庁がアンケートを実施していたようです。

その結果、「主要銀行向け総合的な対応指針の変更案」という資料が、金融庁のウェブサイトへ掲載されています。
http://www.fsa.go.jp/news/22/ginkou/20101228-3/01.pdf

特に、視覚障害者への対応について詳細に明記されています。
ですので、視覚障害者の方がた自身が、この内容を理解しておくことは、今後何かと便利かと思います。新旧の比較があるので、とてもわかりやすのでご関心のある方はご覧ください。

特に、情報のアクセシビリティをしている中で、特にこの項目に目が行きました。

「障がい者等に配慮した取組みを行っている店舗や全盲の利用者も単独で利用できる機能を付加したATM(以下「対応ATM」という。)等の場所や内容(音声誘導システムの有無などを含む。)について、銀行が、障がい者等に認識されるような情報発信に努めているか。
また、障がい者等に配慮した取組みを行っている場合、その事例をCSR(本監督指針「V−5企業の社会的責任(CSR)についての情報開示等」を参照のこと)事例として積極的に公表することが望ましい。」

ということは、銀行のウェブサイトへも、はっきりと情報開示が必要となるわけですね

そうなると、ウェブサイト自体もアクセシビリティ対応は急がれうのでしょうね。



============================

第2回だれもが使えるウェブコンクール始まりました!
http://daremoga.jp

ウェブ応募は4月2日まで

=============================
posted by npoharmonyi at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセシビリティ全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43730766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。