ここから本文開始

2011年11月14日

iPad講座の生徒からの質問

頻繁にiPad講座を一般シニア(主に40代から60代)、そしてロービジョン対象の講師養成も含め実施するようになり、従来のマウスで操作するディスクに向かって使うパソコンとの違いが様々あるのを、非常に強く感じています。

そこで、記事カテゴリに本日から”iPad”を追加し、関連の話題を書いていこうと思います。

今日は、シニアの生徒さんの質問を話題に少し取り上げたいと思います。

シニアの生徒さんの質問で多いのは、
「アプリって、なあに・・」
「どうやって、欲しいアプリを探すの?」

やはり、大きな違いはさまざまなことができるアプリを、どんどんダウンロードして機能を増やしていけるという感覚は、今までの経験ではあまりないのだと思います。
(道具箱に自分のコレクションを増やしていける感覚)

こんな、質問のなかで
「お気に入りのサイトをホーム画面に追加を選択すると、アプリと同じアイコンでホーム画面にアイコンができるけど、これってアプリとどう違うの?」
という質問が、数人からありました。

「う?そう言われると・・どのように回答してあげたらわかりやすいの・・」と、スタッフ講師も一瞬詰まり気味。無難に説明はしたものの、この質問は素朴なようで以外にユーザーの感覚的なまとをついた質問でもあるようで、なんとなく頭の中にもやもやと残っていました。

たまたま、株式会社コンセントさんのサイトに、「iPadと既存メディアの特性分析資料」というアメリカの調査をアップしたものがあがっているのを目にし、その一文に
「アプリケーションとブックマークは同列の選択肢となる」ということが、特性として書かれていたのを発見し、なるほどね・・と、少し頭がすっきりしました。




posted by npoharmonyi at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50330222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。