ここから本文開始

2011年11月30日

自分の個性を表現する仕事(車いすの世界的セラピスト)

昨日、世界銀行東京事務所フィスブック(日本語版)の立ち上げ担当官になられた、立入勝義さんがお話するセミナーに参加してきました。「世界銀行?ってなにをしているの?」遠い世界の感じを受けていましたが、結構、世界の問題を解決するために様々なプロジェクトも動かしていることが、少し立入さんのお話からわかり大きな収穫でした。

今回、その世界銀行東京事務局において、このように立入さんをリーダーにフェイスブックも立ち上がるとのことで、わたしのようなものも世界銀行の動きを身近に感じることができ、気持ちがあればなんらか関わっていけるのだろうと思います。

さて、その立入さんは超すごいブロガーで「意力」というBlogで日々様々な情報を発信しています。
そのBlogでたまたま知ったYouTubeの映像があまりにも素晴らしいかったので、共有させていただきます。

この感動した映像の、ショーン・スティーブンソン氏も先天的な重い障害を持っていますが、逆に自分は目立って皆さんの印象に残るから・・と言い放って、自分の個性を上手く表現し活躍をしているし、今回お会いした立入さんも35歳で自分は発達障害だと知ったそうです。

その障害のせいか、とにかく色々なことにどんどん興味がわき調べたりするのが好き、それもあって日本の大学のテストは上手くいかずアメリカに行ったのそうですが・・。そして、人より書くのが3倍は早いなどの個性を生かして、Blogを書くには適してるということでブロガーになったのがきっかけで、今があるのだそうです。こういった人たちが増えると面白いな〜と思います。

★車椅子の世界的なセラピスト、ショーン・スティーブンソン氏の講演



posted by npoharmonyi at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51177116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。